M.OROインテリジェント工場—デジタル・インテリジェント・グリーン・環境保護

紡績工場の1期の工事は226ムーの工事の敷地を占めています。2017年7月末に始め、生産作業場と付属建築面積16026 . 95㎡の建設予定しています。

牧民の態度

草原はすべての生の霊の揺りかごであり、牧民の生きる根本でもあります。彼らは草原の贈り物があって、生活が続いてこそ、楽しみに満ちています。 ヤギは牧民の家族の一員で、ヤギを草原からのプレゼントと見います。ヤギ毛の中には最も暖かい毛はカシミヤで、カシミヤはヤギの精華で、寒さを防ぎ性能があります。寒くなる環境はカシミヤの品質をもっと良くさられる天然の特種の動物繊維であります。 M.OROは、自然を追求し、カシミヤを大切にして、カシミヤで作った糸に真剣対応することを目指しています。

イタリアの紡績技術は中国にある

M . oroはイタリアの糸紡績の技術が中国に生産できることを保証するため、イタリアの紡績技術専門家のGiacomoの駐工場指導を招きました。GiacomoはM . oro工場の糸紡績技術を担当になって、イタリアのアルベア紡績技術をM.OROに教えて、M . oroが本当のイタリア技術の紡績工場になることに力を入れています。

Giacomo Coda Zabetta

イタリア技術工芸師、M.ORO紡績技術指導者。M.OROをイタリア工芸技術ができる紡績工場に作ることに力を入れています。

Giacomo Coda Zabetta

イタリア技術工芸師、M.ORO紡績技術指導者。M.OROをイタリア工芸技術ができる紡績工場に作ることに力を入れています。

MESデジタルワークショップ工場—可視化システム管理

イタリア国際リード紡績生産ラインを導入し、イタリアのROBIN MARINとGLENNA RIMMERのトップクラスの生産ラインザイナーを招いてスマート化を進めて行きます。MES紡績を通じてオンラインでシステムデータを採集と実行して生産すること、自動採集情報とERPシステムを接続すること、自動的にVWM生産リアルタイムの看板情報を生成すること、スマートシステム監視すること、スマートシステム警告すること、知能調整すること、実行効率を増加すること、コミュニケーションコストを減ること、高度にLTSの現場を統合すること、物流の全行程の追跡すること、全部過程を管理できること、情報の孤島を回避すこと、全行程の協同作業、工業自動化と情報化の深さが融合することなどが高級糸製品を作ることができるM . oroの生産基盤になります。

環境にやさしい近代化糸染める工場

建設された近代化染工場の1期建設工事9250㎡です、イタリアのLiter全自動染色システムを導入して、アメリカ染色測定器などの設備52台購入しました。すべての設備は4月に設置され、一日生産キャパは10~12トン、年生産キャパは1200トンぐらいの大型インテリジェント化工場を建設しました。カラーシステムはアメリカDatacolorの最新のシステムを採用しており、小型の試色機はRPID ECO Dyer全自動試用機を採用しており、滴液システムはイタリアのLiter TD - LecV 4の自動滴の液システムで採用しており、新型青島精佳会社の全自動小柄な紡績糸システムに合わせて、急速な製法、伝達を可能にして、小規模な商品の違いを実現ができることを実現しました。一日は汚水処理能力が2000トンの近代化汚水処理工場を建設しています。業界の効率的な生産、緑の生産、清潔な生産を実現して、工場の健康運転に力を入れます。先進的なOGATEXを利用して統合システムを制御することができます。しかし、スマートに接続して、イタリアのLiter染料の自動賞賛と補助剤の自動輸送システムを使用して、各機関の生産情報を収集することができます。染色した後には、高周波乾燥機を使用して乾燥し、乾燥した均一性を最大限に保証し、カシミヤの繊維を保護します。全自動、スマート化染色小形及び大製品染色生産設備は先進的な配色と中制御生産管理システムを補完し、自動化、インテリジェント化、集積化、調和化する新型の知恵工場を実現します。